2016/7/20 Wed

ブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図るブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」開発・提供開始

TAG:

サイバーエージェント、ブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図る ブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」を開発・提供開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はブランド広告企業のインターネットマーケティング支援を行う次世代ブランド戦略室において、ブランドリフトやリアル店舗への来店率を最大化することに特化した広告配信プラットフォーム「CA本部DSP」(*1)を開発し提供を開始いたします。

消費者のネットメディアへの接触時間が増加する中、企業の広告活動において、インターネットマーケティングは不可欠なものとなっております。特に、昨今はテレビCMなどのマス広告を中心に広告出稿を行ってきたブランド広告企業のネット広告活用が進んでおり、インターネットを活用したプロモーション活動での適切なリーチや広告手法、効果検証が求められてきています。

このような背景のもと、当社では今年5月にブランド広告企業のインターネットマーケティング支援を目的とした専門組織「次世代ブランド戦略室」を設立いたしましたが、このたび「次世代ブランド戦略室」発のサービスとして、ブランドリフトやリアル店舗への来店率を最大化する広告配信プラットフォーム「CA本部DSP」を開発いたしました。

本商品は、ダイレクトマーケティングの効果指標となるクリックやコンバージョンに最適化する一般的な配信プラットフォームとは異なり、ブランドマーケティングの効果指標となるターゲットリーチやビューアビリティ(視認性)、ブランドリフト(態度変容)を向上する当社独自の新たなアルゴリズムを開発し、ブランド広告効果に特化した運用型広告です。なお、リアル店舗への来店率を最大化する機能も順次対応中で、本商品は当社のみが取り扱い可能な専売商品となります。

また、当社において最先端の人工知能研究を行う研究機関「AI Lab (エーアイラボ) *2」が開発した自動学習エンジンを本商品に搭載し、メディア特性、アドフォーマット、ビューアビリティ、広告滞在時間などの広告効果に関わる多様なデータをもとに、インターネット広告における1impの価値を分析し、適正なフリークエンシーコントロール(一人当たりの広告表示回数)でターゲットユーザーにリーチすることが可能となります。
よりブランドリフトが高いと考えられる媒体や広告枠、広告面に対して独自のアルゴリズムを元に優先的に買付けを行い広告を配信。配信後は広告接触ユーザーに対してブランドリフト調査(*3)のレポートを行うところまで、ワンストップで提供いたします。

当社「次世代ブランド戦略室」は今後も、インターネットマーケティングを基軸に、戦略立案から企画、メディアプランニング、クリエイティブ、広告運用まで、当社の豊富な実績を活かすことで、ブランド広告企業のみなさまの課題解決と広告効果向上支援に努めてまいります。

 


*1 「CA本部DSP」のネーミング由来
サイバーエージェント インターネット広告事業本部(通称:本部)が提供するDSP

*2  「AI Lab (エーアイラボ) 」とは
https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=11530
アドテクノロジー事業の拡大とより最適な広告配信技術の研究・開発を目的として、
人工知能・機械学習を研究するため、当社のアドテクスタジオが2016年1月に設立した研究機関です。

*3 ブランドリフト調査
出稿金額に応じて無料提供となります。
関連記事

RANKING

  • Weekly
  • Total

TAG LIST