2016/9/13 Tue

「アドテック東京2016」公式セッションにサイバーエージェント社員7名が登壇!

TAG:

アジア最大規模のデジタルマーケティングカンファレンス 「アドテック東京2016」 が、 9 月 20 日(火)21 日(水)に開催されます。

今年のアドテック東京では、動画やアドテクノロジー、SEM、CRM、クリエイティブ、ソーシャル、またクリエイティブ×データなど、
多岐に渡るテーマに関して、7つの公式セッションプログラムにサイバーエージェント社員が登壇いたします!

アドテック東京に参加されるみなさま、ぜひ、本セッションにもご参加ください。

サイバーエージェント社員登壇 公式セッションのご案内

「 オンライン動画最前線 〜ユーザーの行動変化を促し・気持ちをつかむコンテンツ~」

9/20(火)14:50 - 15:40  <Marketing> A-3

AbemaTV、C CHANNEL、Netflix、電通。動画サービスの経営、マーケティングにおける責任者がここに集結。
広告にとどまらないグロース、経営、事業について、当事者だからこそ直面した生々しい失敗やバッドノウハウ等をお聞きします。例えば「なぜ今、動画サービスなんですか?」「アプリマーケってウェブマーケと違うんですか?」「広告主としてお金を払って理解したことってありますか?」「広告主の事業拡大に動画ってどう貢献するんですか?」「儲かりますか?」など。(*質問は実際と異なることがあります。)

小池 政秀

株式会社サイバーエージェント
常務取締役

1975年静岡県下田市生まれ。法政大学を卒業後、1998年に荻島商事株式会社(現:アイア株式会社)入社。 2000年にリンクメディアに入社し、同年、プラットフォーム・フォー・イー・ドットコム立ち上げに参加。 2001年にサイバーエージェントに入社後、広告事業を経て、Ameba事業本部ゼネラルマネジャ-として、複数のメディア事業立ち上げにかかわり、2011年には株式会社AMoAd代表取締役就任。 2012年に同社取締役、2014年から常務取締役就任。(現任)

「 進化を続けるアドテクノロジー、2020年の予想図」

9/20(火)16:15 - 17:05  <Marketing> A-4

4年後の2020年、アドテクノロジーはどう変貌を遂げるのか、今すべきことは何のか?各所にて活躍するスピーカー陣により議論していきます。

羽片 一人

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
アドテクコンサルティング局 局長

2009年株式会社サイバーエージェントへ入社。インターネット広告事業本部にて営業に従事。 2010年株式会社CA Beatを設立、代表取締役社長に就任。 メディア事業、ゲームコミュニティ事業の立ち上げを行う。 2013年SAPゲームネットワーク事業を立ち上げ、SAP特化型DSP/DMP「GameLogic」「GameAudience」を開発。 現在は、インターネット広告事業本部 アドテクコンサルティング局 局長として従事。

「重要性が高まる既存客施策〜顧客ロイヤリティを高めるためのCRM」

9/20(火)16:15 - 17:05   <Basic> E-4

今、日本のCRMの最前線はどうなっているのか?本セッションでは3社のCRM先進企業から現在進行形の最新の取り組みをご紹介いただく。
顧客ロイヤリティを高めLTVを最大化するという本質はそのままに、テクノロジーの進化やチャネルの拡大、顧客データの広がりを受けて各社のCRMはどのように進化しているのか。
・ メーカーCRMの究極の進化形
・ 金融における顧客体験の最適化
・ 新たなソリューションによるCRM対象領域の拡大
それぞれ異なる方向で進化を続ける各社の最新情報は今後のCRMを考える上で大きな参考になるだろう。

稲益 仁

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
eCRMソリューション局 局長

広告代理店でのグラフィックデザイン・編集デザイン経験の後、米国発、クリエイティブ、マーケティング領域専門の人材エージェンシーに営業として勤務。全世界で5位の成績を収める。 2006年にサイバーエージェントへ入社。 入社して以来、一貫して“単品リピート通販”クライアントを担当。 2014年4月にダイレクトマーケティング局を立ち上げ、全国各地の単品リピート通販企業をスタッフとして支援。事業計画の策定から、販促企画・クリエイティブ、CRM企画まで多岐にわたり、デジタルマーケティング業務全般に従事。 2015年6月に顧客のLTV最大化をミッションとした専門組織「eCRMソリューション局」を設立し局長に就任。 顧客の購買データを活用した全く新しいCRMソリューションを国内に浸透させるべく、日々全国を飛び回る毎日を送る。 【実績】①化粧品:LTV250%改善 ②健康食品:引上率700%改善 等 【登壇歴】アドテック九州2014 公式人気スピーカー 第3位選出 【その他】日本通販CRM協会 顧問、ダイレクトサミット2015 アドバイザリーボードメンバー、コマースサミット2016 アドバイザリーボードメンバー

「50分で学ぶSEM/SEOの鉄則」

9/20(火)17:20 - 18:10   <Basic> E-5

近年、デバイスやフォーマットの急速な変化、広告配信手法の多様化、Google アルゴリズムやアドテクノロジーの進展などにより、生活者が接触する情報は格段に増え、その行動も多様化・複雑化してきています。それに伴い、企業のデジタルマーケティング担当者は、これまで以上にサーチマーケティングにおける高い知識と専門性が求められるようになってきました。
当セッションでは、いま一度マーケッターがおさえておくべきSEMとサーチ関連の知識や動向・トレンドについて、最新事例を交えながら、それぞれの立場からお話ししていきます。

蜷川 親将

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部 統括

2009年、株式会社サイバーエージェントへ入社。 インターネット広告事業本部にてアカウントプランナーとして、人材、金融、メディア、エンタメなど大手広告主企業を担当。 2013年よりSEM領域の専門組織である第2本部を立ち上げ、現在はSEM領域に関わる全てのプロジェクトに従事。 現在に至る。

「ソーシャルエンゲージメントの正体。『何となく』はもうやめませんか?」

9/21(水)13:15 - 14:05   <Workshop> E-6

本セッションでは、最近良く耳にするソーシャルエンゲージメントついて、
・何を目標に
・どのように設計して
・どのような体制
で実行しているのか?
実例やトレンドを含め、ソーシャルエンゲージメントとは何なのか?その正体に迫っていきます。

淵之上 弘

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部 統括

2008年、サイバーエージェントへ入社。インターネット広告事業本部にて、営業としてDB系最大手クライアントを担当。 2014年より統括に就任し、リスティング広告、ディスプレイ広告の運用、メディアの責任者を務める。 現在に至る。

「 世界を変える! 日本のクリエイティブ力」

9/21(水)15:40 - 16:30   <Creative> C-8

日本は「最もクリエイティブな国」として世界から評価されています。
なぜ日本のクリエイティブ力は世界に評価されているのか?を「日本のクリエイティブの定義」や「世界の人々にささる日本のクリエイティブ」や「未来のクリエイティブ」の観点から、広告代理店、ビジネスコンサルタント、旅行代理店の様々な視点で議論していきます。

安藤 達也

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
クリエイティブソリューション局 局長

1983年 兵庫県生まれ。同志社大学卒。 2007年 株式会社サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業本部 クリエイティブ局にてコピーライター、プランナーとして活躍後、同社大阪オフィスのクリエイティブテクノロジー局の立ち上げに従事。 国内外の幅広いクライアントのWebマーケティング戦略の立案と実行を担当。 その後、クリエイティブソリューション局 局長に就任。現在に至る。

「クリエイティブを次のステージに引き上げるデータの潜在能力」

9/21(水)16:45 - 17:35   <Creative> C-9

届けたい情報を、届けるべきタイミングで、届けるべき人に伝える。
今、データを活用して数値を可視化することでその精度を上げたり、高速でPDCAを回していくことが可能になってきました。データ重視のクリエイティブと、表現先行のクリエイティブに勝ち負けは無く当たり前に「共存」していくこと重要なのではないか。
このセッションでは商品開発担当、クリエイター、エージェンシーそれぞれの観点から次世代クリエイティブのあるべき姿について議論していきます。

伊達 学

株式会社サイバーエージェント
執行役員

2002年 株式会社サイバーエージェントに入社。入社以降インターネット広告事業に従事し、現在は統括を務める。2014年 執行役員に就任。

RANKING

  • Weekly
  • Total

TAG LIST